メインテナンス

定期的なメインテナンスによるケア習慣

お肌や髪にもさまざまな手入れの方法があるように、お口の中にもケアが必要です。

メインテナンスとは、歯の治療が完了してからその状態を維持して、一生自分の歯で噛み、健康で快適な生活を送るための治療法です。油断すると、あっという間に歯を失う危険がお口の中にはたくさん待ち構えています。手遅れにならないように、定期的な検診と予防処置を行い、安心して過ごせるようにサポートいたします。

メインテナンス(定期検診)はなぜ必要なのですか?

歯周病は、歳をとるとともにだんだん悪くなる病気と言われてきました。その理由の一つにこのメインテナンスを受ける習慣が昔の日本人には定着していないことがあげられます。歯周治療が終了しても、きちんとした管理ができていなければ再発してしまいます。実際に長期間にわたり歯周治療を行い、いったん健康を取り戻したにもかかわらず、メインテナンスを行わなかったばかりに2~3年後に再発をしてしまい、抜歯しなければならない状態になった患者様もいます。
歯周病の治療中や治療終了直後は、歯周病菌が非常に少なくなっています。はじめは、ブラッシングも非常に注意をし、一生懸命に行っていますが、時間とともにだんだんおろそかになって行く場合もあり、再び歯周病菌が増殖し再発をおこしてしまうのです。メインテナンスとは、定期的に口腔内を管理することにより歯周組織の健康を維持していくことです。
アメリカ歯周病学会では、歯周病のメインテナンスを「歯周病の治療の延長であり、歯周組織に対する定期的評価と予防処置を続けることである。そしてその結果、新しいあるいは再発する異常や疾患を早期に発見し、治療しようとすることである。」としています。

間隔はどれくらい?

当医院では、治療終了後は通常3~6ヶ月に一度のメインテナンスをお勧めしています。
メインテナンスの間隔は、患者さんの歯周病のタイプ、進行の程度、口腔衛生管理(ブラッシング等)のレベル、リスク(食生活、ストレス、喫煙等)によって違います。特に、その問題が大きいと考えられる患者さんは、メインテナンスの間隔を短くした方が再発のリスクは少ないと考えられます。

メインテナンスとは?

歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

細菌の集団であるプラークは、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは、なかなか除去できません。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニングによって除去してもらいましょう。

歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。治ったといっても溶けてしまった骨が元通りに戻っているわけではなく、ほとんどが歯と歯肉が弱い結合で治っているのにすぎないのです。ブラッシングが不充分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ歯周ポケットが深くなり容易に「再発」をおこします。

では、メインテナンスはどのようなことをするのでしょうか?

1. 歯周精密検査
・X線検査
・歯周ポケットの測定
・動揺度の検査

2. ブラッシングの再確認

3. 咬み合わせのチェック

4. 生活習慣指導

5. トゥース・クリーニング

6. 抗菌剤の塗布、フッ素塗布 など