歯周病と体の病気との関係

 歯周病は、歯と歯ぐきだけではなく、体の健康と深く結びついています。最新の研究により、歯周病が全身の病気に害を及ぼしたり、全身の病気が歯周病に悪影響を与えたりすることが明らかになってきました。

 なかでも、歯周病と糖尿病には密接な関係があります。糖尿病は予備軍を含めて成人の5,6人に1人がかかっていると言われていますが、その合併症のひとつが歯周病なのです。歯周病で慢性的な炎症があると、血糖値を下げるホルモン「インスリン」に体が反応しにくくなり糖尿病が悪化します。一方、糖尿病で歯ぐきの血流が乏しくなったり、血糖値が上がると、歯周病菌に対する抵抗力が落ちてしまい、相互に悪い作用を及ぼします。そのため最近では、糖尿病の患者さんが歯周病専門医を、歯周病の患者さんが内科や糖尿病専門医を、それぞれ受診することは非常に重要とされ、医科と歯科の連携が整えられつつあります。

 それ以外にも歯周病が悪影響を与える実例として、早産・低体重児出産や誤飲性肺炎、動脈硬化、心筋梗塞などが挙げられます。また、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)との関連も注目されています。いずれも歯周病菌や感染によってつくられた生理活性物質が全身に回って引き起こすと考えられています。